上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在実用化に向けて検証中のテクニック






まぁ、どうやら知ってる人は知ってるみたいですね。




「打撃or投げの自動回避」




先日スト4のwikiをある項目を見ててふと思いました↓



【仕込みバックステップしゃがみガード】(※wiki引用)

攻撃ガード中に「←N←後ろ斜め下入力で後ろ斜め下を継続」


ガード硬直が解けるタイミングで2回目のを入力する。


→連続ガードならそのまま立ちガード、連続ガードにならなかった場合はバックステップが出る。


バックステップの入力が早過ぎたときのためのフォローとして最後のを入力ししゃがみガードにする。


投げが多い相手(ザンギ、アベル、ケン等)に有効。





・・・これ3rdでも似たようなのあったっけか?と





結論から言います。




特にマコト戦などでは





しゃがみガード経由バックダッシュ



が使えそうです。






★概要と原理について



【入力方法】:しゃがみガード入力後、Nに即戻してレバー後ろ入力





【効果】相手の上段、あるいは下段重ねがあった場合はガードし、投げの場合はバックダッシュで避けるというもの。







【原理】みなさん御存じのとおり、このゲームでは斜め入力は、真横の認識も受付けています。




したがって、しゃがみガード後にNを経由してすぐレバー後ろ入力すると




コマンドは少し違えど結果的にはバックダッシュの認識になります





これにより、相手が歩いて下段技をしてくるor投げをしてくる間合いで上手く使えば、二択回避が出来そうです。





【応用】


バックダッシュは前ダッシュと同様、最初の←入力から6F以内にまた←入力をすれば成立します。


(※ちなみにダッシュを最速で出す場合は2Fかかる)




気になるのはこの6Fという値。






これ、前回で紹介した起き上がり時の投げ無敵時間と同じなんですね。








ということは入力的には



a.起き上がりの際(行動可能となったその瞬間に)しゃがみガードを入れる。





b.6Fの投げ無敵が切れる寸前かほぼ同時に後ろ入力を入れる。




c.結果、投げ無敵をフルに活かしつつ、比較的安全にバックダッシュができる。







という原理です。


これらは投げの強いキャラ、押しつけてくるキャラに対して有効かなと思います。



またバックダッシュする胴着キャラが実用性ありそうな気がします。







とりあえず、まずは各地のまこと使いとやって実践していこうかと考えています。














というわけで、今日はこの辺で。




                 おわり
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
月曜日にスト4のヘルマスザンギに対してちょうどそれやってました。
小Pを何発刻まれるか分からないので、ちゃんと一発一発にファジーしようとすると手元がすごく忙しい。
僕は不器用なので正確な入力が出来てなくて、割とスクリュー食らってしまいましたがww

3rdでもしえさんが考えてるような状況では利用価値がありそうですね。
ただ、3rdは連続ガード中でもレバーをガード方向以外に入れると攻撃食らっちゃう分、使いにくいんじゃないでしょうか。

あと、好奇心から気になったんですけど、3rdは上要素と同時にグラップ入力したら何も出ないじゃないですか。
バックダッシュも二回目のレバーと同時にグラップ入力したら、投げって発生しましたっけ?
何も出ないなら、更にガード時間をギリギリまで延ばせてより強固な防御になると思います。

胴着系はバックダッシュが早いんで、ファジーで投げを空かせるなら強いですよね。
ヤンはバックダッシュの使いどころがあんましないので羨ましいですわー。
雷撃もあるし、ガードジャンプグラップとかで代用出来そうですけど。
2010/04/22(Thu) 18:07 | URL | ふとちん | 【編集
間違い。
ダッシュのレバー二回目とグラップが同時なら投げが出るようです。
適当なこと書いてごめんなさい
2010/04/22(Thu) 21:12 | URL | ふとちん | 【編集
ちょっと自分のコメント見てて分かりにくかったんで解説↓

【ただ歩きコアコアだとか単発確認SAだとかは回避できる】


つまり・・・

★歩きコアコア→ケンの屈中Pが届く間合いから歩かれるとして、相手が歩いてきた時点で既にバックダッシュ出来ている可能性が高い。

で、もし仮にバックダッシュ中に小足刺さってもおそらく一回しか刺さらないっぽい=確認SA出せない。



★単発確認SA→先ほどの間合いから「さあバックダッシュしよう」ってとこに単発の中Pが来てもしゃがみガード可能。一応中P先端当てだとバックダッシュでスカせることもある。



って感じです。
2010/04/23(Fri) 02:24 | URL | しえ@管理人 | 【編集
Re: タイトルなし
> >ふとんちん
>
> この回避法の難点というのがそこで、要は連続小技刻みだとかは一発目ガードしても二発目以降食らってしまう、ってとこなんです。
>
>
> だから対ケンで、相手のコパコアコア迅雷に対してビタで小Pをガードしても、コアコアを食らってしまう可能性が少なからずあるんですが
>
>
> まぁこの辺は読み合いになってくるので何とも・・・
>
> ただ歩きコアコアだとか単発確認SAだとかは回避できると思います。
>
> →コアコアの初段をガードされ二発目でヒット確認するのは難しいから。
>
>
>
> >>3rdは上要素と同時にグラップ入力したら何も出ない
>
>
> 当然同時入力ではジャンプが出ます。

一応小Pずらし押し↑入力小kをすれば投げの認識がついたまま小Pが出ます。
>
> いわゆる「打撃グラップ」というやつですね。
>
>
>
> >おまけでヤンの話
>
> 一応ケンにも使えるんですけど、しゃがグラってボタンの優先順位からPが出ますよね。だからグラップ仕込みのコアコアは普通は出来ない。
>
> だったら屈状態で小K→小Pと1Fスライド入力+小kすれば、グラップ付きのコアコアが出来ます。
>
> ↑ヤンの場合「コパコパEX蟷螂でいいじゃん!」と思うかもしれませんが、最初の小パンをグラップで複合入力した場合、連続で押してるにも関わらず何故か二発目の小パンがつながりませんでした。
2010/04/23(Fri) 05:08 | URL | しえ@管理人 | 【編集
こっそり読ませてもらってました
ヤンの屈グラ→屈小Pは
2回目の屈小Pを小Pボタンのみで入力すると出来ますよ
屈グラ→屈グラ入力小Pだと出ません

あと2回目の屈小Pは最速連打キャンセルでなくとも繋がるので目押し気味で
2010/04/23(Fri) 06:49 | URL | ユウ | 【編集
>ユウさん


御指摘ありがとうございます。

そうだった、昔試した時そういえばグラ仕込み二回小Pやってましたわw

てことは小P始動でも小k始動でもどちらもEX蟷螂につながるってことですね、あぁ鬼畜。
2010/04/23(Fri) 06:54 | URL | しえ@管理人 | 【編集
そういえば
胴着のバクステで投げをかわすためには投げ間合いの狭いユンヤンでも相手の投げ入力より3F早くバクステ入力を終えないとかわせなかったはずなんで
(バクステ後6F前後で投げをかわせる距離まで移動)


なので起き上がりに投げを重ねられたらガードの猶予が3Fしかないんで難しいと思うんですがどうなんでしょうか?

起き上がり先行入力前BLor下BL→バクステなら少し猶予有りそうな気が
2010/04/23(Fri) 07:14 | URL | ユウ | 【編集
>ユウさん

御指摘の通り、確かにこれ難しいですよ。


一般的な話をすると、もちろん被起き攻め時こちらの選択肢に投げをしないっていう場合の状態を考えているので当然シビアになりますよ。打撃に関して私が想定していたのはビタ重ねの打撃なんですわ。

そういう意味でオールレンジなテクとは言えないと思います。


で、記事にも少し書きましたが、そもそもこれ一応マコト戦(唐草がらみ)を想定しているんですね。唐草の発生が弱で8Fなのでこの対処法もありかなと思ったわけです。

まぁこれ以上は結局読み合いの話になるので何とも言えないんですがorz
2010/04/23(Fri) 07:37 | URL | しえ@管理人 | 【編集
確認が遅くなりましたがレスありがとうございました。

>一応小Pずらし押し↑入力小kをすれば投げの認識がついたまま小Pが出ます。
「投げの認識がついたまま小Pが出る」と言うのは誤解で
正確には「(小Pの発生前に投げられていた場合に)投げ抜け出来る小Pが出る」、ですね。
おそらく書き方がややこしいだけで、しえさんの認識は合ってると思いますが。

上入力の話は例のケンの中Pずらし上要素+グラップ入力で投げ抜け可能なTCが出せるのと同じですね。
ちなみに、打撃グラップは下入力でも出来るし、中攻撃以上なら小Pと小Kを両方スライドすること
でも入力可能(例えば中Pなら中Pずらし小Pずらし小Kで投げ抜け)ですね。
僕はレバーが忙しくなるのが嫌なので二回スライドする方を選びますが、好みの問題ですね。
単発確認SAでレバー入力を先に済ませておきたい場合なんかは、スライド上グラップ入力よりは
スライド下グラップか連続スライドグラップの方が、レバーが忙しくなくて良いかも知れません。


>ヤンのグラップ仕込みコパコパは2回目の屈小Pを小Pのみで入力しないといけない
これはヤン使いでは割とメジャー(?)なので知ってましたw


>ユウさん
>起き上がりに投げを重ねられたらガードの猶予が3Fしかない
MAXで3Fしかないってのは厳しいですね。
起き上がりビタ重ねの打撃と投げからの「回避」を重視するなら
ガードからはダッシュよりジャンプ関連のファジーの方が良いかも知れないですね。
2010/04/23(Fri) 15:26 | URL | ふとちん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。