上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけでまとめます。

でもなー、もう稼働して既に二桁年経ってるしなー


この攻略も誰得役に立つのかっていう疑問


も、この際おいといて


自分自身の備忘録的な感じで進めていきますすす。

あらかじめ言っとくと必要なことは大体ケン 3rd wikiとかゲレに書いてたりするので

あくまでここは個人的な感想を含め説明していきます。



 技の用途

・近立小Pそれほど使わない。が、相手の飛び込みに対して落とすorブロさせてタイミングをずらして昇竜を当てるなどの目的で振る場合あり。
・近立中P密着時最強といっていいほど至近距離で重宝する技。最初のうちは中Pで暴れてもOK。
・遠立中P相手を飛ばせないor寄せ付けないための技といってもいい。実戦では何気に頼りになる技だったりする。地上で当たれば迅雷までつなごう。
・近立大P起き攻め時or相手のジャンプのくぐり時に埋める打撃としてよく使う。ブロられ確認昇竜にも使う。
・遠立大P対空技の一つとしては有効。特定のキャラに威力を発揮する。
・屈小P発生最速の便利な技。屈グラや暴れ、当て投げ用にも使える。
・屈中P主力最強技の一つ。ゲージ溜め、ヒット確認の肝になる技。ダッシュ止めにも使えたりする。実は判定激強。
・屈大P使用頻度は高くないが、相手の立ち技を一方的に刈ることが出来る。キャラによって使えたり使えなかったり。






























パンチ系統はこんな感じです。色が濃くなるほど重要だったり使用頻度が高いです。



次はキック系統↓(特殊技はここでは省きます)


・立小K結果的に、いらない子。多分私自身も暴発以外使った記憶がない
・立中K相手の飛び防止に使えたらいいな、ぐらいでそれほど使わない。実はかなりの不利F有り。
・立大K相手を端に追い詰めたときに機能しやすい技。相手の踏み込み確認で使ったりする。しゃがみで食らうとかなり減るのがおいしい+ゲージ回収量がすごい。
・屈小K・俗に言うコアコアSAの初動技。屈小P同様当て投げにも使える。ずらし押しを利用して上手くやればグラップを仕込むことも可能。
・屈中Kいわゆる中足。主力技の一つで地上戦の要となる技。置き・差し・当てのすべてに長けたある意味最強技。
・屈大K大体置き以外で使用。屈中Kでは届かない場合の差し返しに使える。当たればダウンを奪えるので起き攻めのチャンスになりやすい技と言える。



こうして見ると、ケンは中攻撃系が非常に優秀で使用頻度が高いわけですね。

もちろん後述しますが必殺技も実に優秀です。

まさにケンがどこからでも戦える万能型といわれる所以ではないでしょうか。





とにかく、


まずはこれらの通常技の(リーチや判定を含めた)特性や使う場面を理解することが


ケンのポテンシャルを引き出す第一歩かと思います。



家庭用をもってる方は実際にキャラを動かして

各技の届く間合いなどを調べてみるといいと思います




とまぁ、こんな感じで



次回は必殺技とSAについて少し解説します。



ではでは。















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。