上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで前回の続きです。

実は稼働当初私はリュウを使っていたんですが

その理由というのは主に「真昇竜」というロマン技があったからでした。

しかも技に「足刀蹴り」なんていうかっこいい(と当時は思った)技もあって

一方、ケンの方のインストラクションカードを見ると


・波動拳

・昇竜拳

・竜巻旋風脚

以上


って、




いくらなんでももうちょっとなんかあるだろ!と思ったものです。


でも、今改めて考えてみれば

当時の私の考えは甘かったようですね









単純な奴ほど強い!


シンプル イズ ザ ベスト!!




これに尽きると思います。

ガロスペのリョウもビルドアッパーだけで7割減らしてたし

やっぱ単純な方が強いですね。


はい、そんなわけで

続き行きましょうか



技の用途(必殺技)



波動拳ブロッキングがあるこのゲームにおいてあまり使えないような印象があるが、実はそうでもない。相手にゲージが溜まってなかったりとか、飛びからの攻撃が弱いor遅いキャラに対しては相変わらず有効な牽制技になる。また相手の飛び道具に合わせて出し、すぐにキャンセル迅雷を出せば飛び道具同士相殺されて、相手の硬直中に迅雷のみ当たったりする。
EXに関して言えば間合いを離したい時や削りたい時ぐらいしか使わない印象。
昇竜拳発生が早く、ノーゲージでまとまったダメージが取れ、暴れとしても有効。また判定も強く、無敵があったりする。おそらくこのゲームにおいて最強必殺技だと思われる。相手の小技をブロッキングした時点で3F以上完全有利があるわけだから、ワンブロ最速昇竜が問答無用で入るのが魅力。とにかくケン使いは確定状況があるならばこの技を組み込むべき。もちろんW昇竜も練習しておこう。強昇竜orEX昇竜は暴れや削り、その他まとまったダメージ用に使うのがよい。
竜巻旋風脚ノーマル竜巻は使えるとしたらめくり当てをする時くらい。ほとんどの場合EX竜巻を使用し、相手へのめくりに使ったり、よく飛ぶ相手に対して空中で巻き込むような形で使う。たまに被起き攻め時の暴れにも使える。
空中でEXがヒットした場合3ヒット以上なら中昇竜を追撃に選ぼう。

前回同様色の濃いものほど、使用頻度が高い。

つまり昇竜拳最強である。



 技の用途(SA)


選ぶのは疾風迅雷脚一択。

(エンジョイするなら他でもいい。たまに神龍拳も使えそうだけど)

で、とにかく最初のうちに

徹底的に確認系をマスターすること 

これが一番大事。ここのやり込みが勝敗を決めるといってもいいくらいです。

・中Pからの迅雷
・TCからの迅雷
・コアコアからの迅雷
・かかとからの迅雷 etc...

徹底的にやり込んでください。

それが万遍無く出来るようになったら、今度は
確定反撃を覚えましょう。

これに関してはCPU戦や対人戦で慣れるしかないです。

3rd wikiにもケンの反撃確定表が記載されていたと思うので

書いてある分も含め、ゲームレストランを参考にして

各自調べてみてください。

最初のうちは難しいかもしれません。

出来ないものもあるかもしれません。

ですが何も全てに確反が必要なわけではないので

「これは絶対出来た方がいいな」と思うものを優先して

練習してみてください。



というわけで今回はここまでです。

次回は地上戦のお話です。


それでは






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。