上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回はシステム周りのお話。


正直なところ

そもそもブロッキングって何だ?

とか

グラップって何だ?

とか

こういう基礎的なところはwikiの方で割と詳しく書かれている(=書くのめんどくさい)ので

改めて説明する必要はないかな、と判断しました。

というわけでここではそのシステムを利用したテクニック系

ガードジャンプや、遅らせグラップ、ジャンプブロ、ワンブロ○○、しゃがみ対空ブロetc...について

その練習法をまとめていこうと思います。


※下記の練習法は主に家庭用(CPU 難易度MAX)を元に作りました。

 したがってアーケードでの練習では若干CPUの動きが違うかもしれませんので

 その点についてはご了承ください。




★練習法

これはケンを使用した場合の練習法です。
また、下記の確反とは主に迅雷で反撃することを想定しています。

というわけで、CPU戦を利用していろいろな技術を身に付けましょう。
(一応、ある種キャラ対みたいなものも含んでいます)
どのキャラでどういう練習が出来るか個別に説明していきます。
  ↓            ↓             ↓


AL:特になし。確反はスタンピート

SE:ダッシュ後密着時グラ仕込み昇竜でグラ発生しやすい。
目の前で中足二回空振ることがあるから二回目にさし返しSA。
リュウビキャク見てから 前J or後JBL。
ドラゴンスマッシュの空振りの隙に密着まで近づいて
相手が最速投げをしてくるタイミングで屈グラ仕込み小Pとやると、
相手が投げならグラッ プ発生。
そうじゃない場合、相手は立ち小Pを押している場合が多いので屈グラの小Pが刺さる。

確反:立中Kガード後



IB:頭砕き見てからBL後最速昇竜。
相手ダウンさせた後密着になってもこちらが歩きっぱだと
相手は起き上がりに投げしかしてこないので、遅らせ屈グラの練習。

確反:雷打



NE:しゃがんだ状態でバイパー見てからBL。
降りてくるのを地上までまって中大TCか中P昇竜で反撃 。

確反:ファング



UR:こちらが飛びこむと大肘からヘッドのコンボをしようとするのでそれを利用する。
とにかく大肘をスカらせるかBLするかしてそのあとのヘッド透かしを出させてそのヘッドの着地を中大TCで狙い撃ちする。
ヘッド暴れする人に対してかなり強力な反撃になる。

確反:テリブル


GO:空刃見てからBL後中足昇竜

確反:弱竜巻の後



YA:雷撃取ったら着地まで待って中足大昇竜か中大TC。

確反:大足



TW:特にないので省略 orz

CH:意外とやることない。
中足BLしてちょっと待ってから中足を当てるとか
大足のスカリに中足差し込むくらい。

確反:しゃがみ中P(先端当て以外)

Q:突進見てから昇竜。こちらがガードしてるとおもむろに歩いてくる。
このとき捕獲出来る距離になると打撃かJ攻撃か捕獲をしてくるので
ガードジャンプ+ジャンプブロの複合練習をするといい。

確反:特になし

YU:YAと一緒。雷撃の話。出来れば手前落ちには中大TCを(激ムズ)

確反:遠大Pと中大鉄と幻影中の旋風脚ガード後

KE:中大竜巻スカリ後中足か大足を振ってくるので差し返し。
かかと見てから立つか赤BL。

確反:中足、一文字蹴り(先端以外)



HU:ガードしていると歩いてきて目の前で投げか打撃の二択を迫ってくるのでガードジャンプ。相手起き上がり時も投げか打撃をこすっているので遅らせ屈グラなどの練習を。
成功時はガードかグラップか屈グラの小Pが通る。

確反:特になし



EL:密着時ラウンドアーチか暴れか投げ(投げは実際ほとんどないが)の択に対しては遅らせ屈グラ。成功すれば相手が投げの場合グラップ、ラウンドアーチの場合は屈グラの小Pがエレナのふともも部分に先にヒットし、暴れ(ターッ!とか)はガード可能。

確反:大足、スライディングがめり込んだ場合。



RE
:大足の二段目下BL後、ダッシュして中足大昇竜。
こちらが屈ガードしてると前中Kの中段技などを当ててくるので見てから立ちガード。
ルグレは遠距離にいる場合は積極的に取る練習を。

確反:中足



DU:被起き攻め時はダートを振ってくることが多いのでリバサEX昇竜。
カニパンは下BL後ダッシュ大P中昇竜SA。
こちらが起き攻めする時=密着時相手は投げか打撃を擦っている場合が多いので遅らせ屈グラの練習を。

確反:特になし



OR:特になし。日輪に昇竜合わせるくらい。



RY:ガードしていると歩いてきて鎖骨割りか投げか昇竜の3択を迫ってくるので
この場合も遅らせグラップの練習。
成功すれば投げorガードor屈小Pの打撃が通ることになる。

確反:大足など


MA:しゃがみガードをしているとおもむろに歩いてきて、密着近くになると唐草(ごく稀に打撃、多分ほとんどない)を仕掛けてくるので
直前まで我慢してガードジャンプの練習。
また、剣を見てからBLはかなり難しいのでCPU戦で練習するのもアリ。

確反:屈大P

GL:
ニーに対してはしゃがみ対空ブロで2hitのうち、後半の1hitだけをBLする。
しゃがみガードをしていると歩いてきて投げかサイズキックの二択を迫るので
直前ギリギリまで相手のモーションを見て
投げにはグラップ、サイズキックにはガード の練習をするか、
もしくは密着になったと思ったらバックジャンプブロをする練習を。

確反:特になし


以上でシステムを利用したCPU戦活用法の紹介を終わります。


こうしてみると結構やること多いですね。



というわけで今回はこれにて終了です。



次回は「リスクリターン」についてのお話です。


それでは。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。