上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のリスクリターンの説明が終わって

ようやくこの話題に触れることができました。

なんだかよく分からないですよね、【ゲームメイキング】って何?って話ですよ。

というわけで、今日はその辺の話をちょっとケン使いっぽい目線で説明したいと思います。


■ゲームメイキング

ここでいうゲームメイキングというのは「勝ちパターンへの持って行き方」とかそういうのではないです。

(もちろんそういう要素もありますが、、、)

ここで言いたいのは効率のよい試合の運び方なんです。

簡単に言うと

「○○をやるなら××の方がいい」とか


「この状況ならこっちのコンボの方がいい」とか


そんなやつです。


そこでアバウトに言っててもしょうがないのでケンを使った場合で(状況別で)考えてみます。



①迅雷後相手を画面端にダウンさせた場合(vs春)

この時PAした後のケン側がとる選択肢は二つ

A:密着で択取り

B:密着取らずに一文字(もしくは中足で差し返しできる)間合いをキープ



→もしゲージがあるならAを選択して投げor下段or遅らせ中大or・・・、いずれにせよ投げ連かそれを匂わせつつSAを決めたい。

逆にもしゲージがないならBの選択肢でもいい。一文字をガードさせるだけでもゲージは結構増えるので、飛びが来るのを考えながらゲージをためる。この距離だと相手もうかつに中足を触れないので、ゲージが溜まったらダッシュ投げetcでAの選択肢に移行可。






②自分のケンが画面端近くにいてブロor対空などから昇竜一発入れることができた場合

A:そのままもう一回昇竜

B:昇竜出さずにジャンプで裏に着地



→単純にダメージ+ゲージが欲しいならAを選択。

もしゲージ量がある程度あって端攻めでダメージをとりたいならBを選択。







③相手のジャンプ攻撃を空対空でブロッキングした場合

A:小Pで落として着地にダッシュから表裏選択

B:ブロ後即EX竜巻からW昇竜



→これは正直どちらでもいいかもしれないですが、もしゲージがないならAからダブルアップ狙い。

逆にゲージがあるor殺しきれる体力ならBを選択し、W昇竜でゲージ回収。






④迅雷二段or三段目から赤ブロする場合(vsケン)

A:垂直Jから大K中足W昇竜

B:垂直Jから大K中足中昇竜迅雷(ウメハラコンボ)




→実はこの選択肢、二つとも同じダメージなんですね。

じゃあどう使い分けるかというと

Aの場合その後の起き攻めはできないが、SAを使わない上にゲージがもりもり溜まる=相手が画面端近くにいて起き攻めする必要があまりない時orゲージをとにかく回収したい時に選択。


Bの場合SAゲージは使ってしまうが、その後の起き攻めが可能=相手が画面中央辺りにいて迅雷後の表裏択が使える場合に選択。




こういった感じで状況ごと、自分が後にやりたいことに応じて使い分けています。

もちろんこれはケンに限らず他キャラでも同様に出来ることがあると思います。


重要なのは選択肢のメリット・デメリットを考えることですね。




こういったことが基礎練習を経て出来るようになると、もっとケンのポテンシャルは引き出せそうな気はします。



上に挙げたのはあくまで数例ですが


スキルアップとして自身で一度いろいろな状況におけるコンボ選択の


メリット・デメリットを整理するといいかもしれません。





というわけで、今日はこの辺で。(次回の内容は未定、ネタ募集してます)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。