上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで前回の続きです。

実は稼働当初私はリュウを使っていたんですが

その理由というのは主に「真昇竜」というロマン技があったからでした。

しかも技に「足刀蹴り」なんていうかっこいい(と当時は思った)技もあって

一方、ケンの方のインストラクションカードを見ると


・波動拳

・昇竜拳

・竜巻旋風脚

以上


って、




いくらなんでももうちょっとなんかあるだろ!と思ったものです。


でも、今改めて考えてみれば

当時の私の考えは甘かったようですね









単純な奴ほど強い!


シンプル イズ ザ ベスト!!




これに尽きると思います。

ガロスペのリョウもビルドアッパーだけで7割減らしてたし

やっぱ単純な方が強いですね。


はい、そんなわけで

続き行きましょうか



技の用途(必殺技)



波動拳ブロッキングがあるこのゲームにおいてあまり使えないような印象があるが、実はそうでもない。相手にゲージが溜まってなかったりとか、飛びからの攻撃が弱いor遅いキャラに対しては相変わらず有効な牽制技になる。また相手の飛び道具に合わせて出し、すぐにキャンセル迅雷を出せば飛び道具同士相殺されて、相手の硬直中に迅雷のみ当たったりする。
EXに関して言えば間合いを離したい時や削りたい時ぐらいしか使わない印象。
昇竜拳発生が早く、ノーゲージでまとまったダメージが取れ、暴れとしても有効。また判定も強く、無敵があったりする。おそらくこのゲームにおいて最強必殺技だと思われる。相手の小技をブロッキングした時点で3F以上完全有利があるわけだから、ワンブロ最速昇竜が問答無用で入るのが魅力。とにかくケン使いは確定状況があるならばこの技を組み込むべき。もちろんW昇竜も練習しておこう。強昇竜orEX昇竜は暴れや削り、その他まとまったダメージ用に使うのがよい。
竜巻旋風脚ノーマル竜巻は使えるとしたらめくり当てをする時くらい。ほとんどの場合EX竜巻を使用し、相手へのめくりに使ったり、よく飛ぶ相手に対して空中で巻き込むような形で使う。たまに被起き攻め時の暴れにも使える。
空中でEXがヒットした場合3ヒット以上なら中昇竜を追撃に選ぼう。

前回同様色の濃いものほど、使用頻度が高い。

つまり昇竜拳最強である。



 技の用途(SA)


選ぶのは疾風迅雷脚一択。

(エンジョイするなら他でもいい。たまに神龍拳も使えそうだけど)

で、とにかく最初のうちに

徹底的に確認系をマスターすること 

これが一番大事。ここのやり込みが勝敗を決めるといってもいいくらいです。

・中Pからの迅雷
・TCからの迅雷
・コアコアからの迅雷
・かかとからの迅雷 etc...

徹底的にやり込んでください。

それが万遍無く出来るようになったら、今度は
確定反撃を覚えましょう。

これに関してはCPU戦や対人戦で慣れるしかないです。

3rd wikiにもケンの反撃確定表が記載されていたと思うので

書いてある分も含め、ゲームレストランを参考にして

各自調べてみてください。

最初のうちは難しいかもしれません。

出来ないものもあるかもしれません。

ですが何も全てに確反が必要なわけではないので

「これは絶対出来た方がいいな」と思うものを優先して

練習してみてください。



というわけで今回はここまでです。

次回は地上戦のお話です。


それでは






というわけでまとめます。

でもなー、もう稼働して既に二桁年経ってるしなー


この攻略も誰得役に立つのかっていう疑問


も、この際おいといて


自分自身の備忘録的な感じで進めていきますすす。

あらかじめ言っとくと必要なことは大体ケン 3rd wikiとかゲレに書いてたりするので

あくまでここは個人的な感想を含め説明していきます。



 技の用途

・近立小Pそれほど使わない。が、相手の飛び込みに対して落とすorブロさせてタイミングをずらして昇竜を当てるなどの目的で振る場合あり。
・近立中P密着時最強といっていいほど至近距離で重宝する技。最初のうちは中Pで暴れてもOK。
・遠立中P相手を飛ばせないor寄せ付けないための技といってもいい。実戦では何気に頼りになる技だったりする。地上で当たれば迅雷までつなごう。
・近立大P起き攻め時or相手のジャンプのくぐり時に埋める打撃としてよく使う。ブロられ確認昇竜にも使う。
・遠立大P対空技の一つとしては有効。特定のキャラに威力を発揮する。
・屈小P発生最速の便利な技。屈グラや暴れ、当て投げ用にも使える。
・屈中P主力最強技の一つ。ゲージ溜め、ヒット確認の肝になる技。ダッシュ止めにも使えたりする。実は判定激強。
・屈大P使用頻度は高くないが、相手の立ち技を一方的に刈ることが出来る。キャラによって使えたり使えなかったり。






























パンチ系統はこんな感じです。色が濃くなるほど重要だったり使用頻度が高いです。



次はキック系統↓(特殊技はここでは省きます)


・立小K結果的に、いらない子。多分私自身も暴発以外使った記憶がない
・立中K相手の飛び防止に使えたらいいな、ぐらいでそれほど使わない。実はかなりの不利F有り。
・立大K相手を端に追い詰めたときに機能しやすい技。相手の踏み込み確認で使ったりする。しゃがみで食らうとかなり減るのがおいしい+ゲージ回収量がすごい。
・屈小K・俗に言うコアコアSAの初動技。屈小P同様当て投げにも使える。ずらし押しを利用して上手くやればグラップを仕込むことも可能。
・屈中Kいわゆる中足。主力技の一つで地上戦の要となる技。置き・差し・当てのすべてに長けたある意味最強技。
・屈大K大体置き以外で使用。屈中Kでは届かない場合の差し返しに使える。当たればダウンを奪えるので起き攻めのチャンスになりやすい技と言える。



こうして見ると、ケンは中攻撃系が非常に優秀で使用頻度が高いわけですね。

もちろん後述しますが必殺技も実に優秀です。

まさにケンがどこからでも戦える万能型といわれる所以ではないでしょうか。





とにかく、


まずはこれらの通常技の(リーチや判定を含めた)特性や使う場面を理解することが


ケンのポテンシャルを引き出す第一歩かと思います。



家庭用をもってる方は実際にキャラを動かして

各技の届く間合いなどを調べてみるといいと思います




とまぁ、こんな感じで



次回は必殺技とSAについて少し解説します。



ではでは。















というわけでそろそろ各キャラの攻略を自分なりに綴っていこうかなと

そう思っとりますです。

基本的には理論からスタートする話になりますが

もう10年以上も経つゲームですし

「実際にすぐ使える」ような実践的な内容も盛り込んでいきたいので

「この状況だったらどうすればいいか?」

とか

「この技に対応する技は何か?」

とかtwitterの方で随時質問していただければ

あとでこちらのブログの方でもまとめやすくなるので

気になる方は是非メッセでも送ってきてください。


とりあえず徐々に更新していこうかなと思います。
今になって実感湧いてきよった。

いやー、マジ頑張った。ほんとに頑張った。これは素直に嬉しい。

それもこれも対戦に付き合ってくれた人らのおかげやね。


サブキャラのケンで俺をボコりにくるちょっと頭のおかしいKちゃんとか

60本くらいガチに付き合ってくれた尚太郎君とか

悩んでる時に適宜アドバイスをくれたロリさん(奇行種)やハイタニ先生とか

モチベを維持させてくれたクッソかっこいいチンカス店員ばらさんとか

とにかくみんなありがとうやで!!!

この場を借りて改めて礼を言います。ありがとう!



思い返せば当日の朝やけに落ち着いてたな。なんか賢者的なアレ。

そして徐々にみなぎるものを感じながら俺は阪急河原町へ。

あちょに着いてからとりあえずレバーは触っとかないといかんと思って

いざ対戦してみるも、思うように技が出ない。

そういえばあちょのレバーこんなんだったな、これ大丈夫かなーと

普段ベガスでやってる俺は不安になりながらま○んケンをボコしていた。


でまぁそうこうしてるうちに3onが始まるわけだけど、これはちょっと紙幅の都合上(笑)かいつまんで書きます。

先に3onの方を言っておくと、チーム絶頂(かみぃで・松下・尚太郎)に負けました。

俺がイブキ倒しておきたかったー!悔しいけど強かったわ。

でもまぁ弟子犬さんチームやばらロリチームを倒せてそれなりの仕事は出来たかなと思う。

新たにユン戦煮詰めなあかんていう気持ちもできたし、頑張ろう。

大会はやっくんけんぞーマツケンチームが優勝、関西は2位で惜しかった。



で、肝心のケン最強決定戦だけど、もうなんかいろいろとワロスだった。

まずとりあえず初戦一発目の相手が気になって掲示板を見に行くと


「しえ」


vs


「くーま」




・・・くーま?え?「くーま」ってひなk(ry と思いながら横を見ると

案の定笑ってましたね、ひなこさん。

もうね、ルーザーズも含めて過去大会3回連続初戦ひなことか運命しか感じない。今度飲みに行こう。

でそんなこんなでひなこケンに1000円握らせてお引き取り願ったあとは

古さんのケン、ジョイソルさんのケンを倒してブロック決勝へ。

相手はまぁ大方予想ついてたけど平井さんでした。

平井さんとは以前Q2大会の時に対戦したけど

EX波動にブロ割り込み中昇竜食らって死亡した記憶があるから、変なとこで絶対出さないようにしようと決めていた。あと安易なしゃがグラとか。

それが功を奏したのか、攻める時は攻める、我慢するときは我慢するっていうメリハリのある試合ができた。最後は得意のEX波動二発目赤から中足で勝てました。

これはマジほっとした。で後から平井さんに声かけていただいて少しお話出来て嬉しかった。

しかしレジェンド勢と会話とかマジ漏らしそうだったw

いやー機会があったらまた対戦したいですね。

そしてブロック勝者になった後はウィナーズトーナメントをやることに。

勝者トナメ一回戦はチャンスさん、二回戦はけんぞーさんやったかな。

で決勝が弟子犬さん。これは去年マジぼこられて、しかもタカミさんにyoutube投稿という公開処刑のおまけつきやったんで気合い入れた。つかコレのためにやりこんだまである。

事前に一通り彼のプレイを見てたので、ある程度対策を立てたのがよかったかな。

うん、ホントそれに尽きるな。

勝因とかいって試合内容は正直興奮しててあんまり思い出せないんだけど

相手が擦りたくなりそうなポイントで一歩踏み込んで前入れることが出来たっていうのが大きい。

今までだったら間違いなく俺下がってたと思う。それを踏みこめたのはかなりデカかった。

そうして勝ってなんとかウィナーズ一位を取ることができた。

その後はルーザーズのチェックをすることにしたんだけど

ロリ対マツケンとか、SAが神龍拳とか、遠距離から当たるわけない迅雷出して「漏れた」とか言ってる人もいて、なかなか見どころあったね。

で、ルーザーズの決勝メンバーが出そろって試合が始まるんだけど

この待たされてる時間がきつくてしょうがなかった。マジ精神力がすり減っていくww

でもまぁ見ないわけにもいかないから試合見てたんだけど

旧ラモスタ勢の「おかか」って人が強いらしく、関西勢なのに俺は関西で見たことないんでちょっとデータ不足すぎてビビる要素しかなかった。

でそのままルーザーズ決勝で弟子犬vsおかかが始まるわけだけど

どうも弟子犬さんの調子があんまり芳しくないっぽくて、まごまごしてるうちに負けてしまった。

個人的にはラスト決勝で当たりたかっただけにショックやったな。

まぁでもお互い関西のケン使いやからもう決勝は自分のスタイルでちゃんとやろうと

気合入れて臨んだ。

試合内容はもうお互い地上でジリジリしてたけど、投げで画面端に俺がもっていってからの投げ連で状況が変わったような気がする。

あと相手にゲージ見させないようにさし返しを意識する間合いでうろちょろしつつDEDゲージを確保出来たのがよかった。

ダッシュ大PDEDとか中Pガードさせ中足DEDとか自分らしいっちゃ自分らしい戦いが出来てそのままストレートで勝って優勝しました。

と同時に絶頂迎えました。一瞬体が「ふわっ」ってきて危なかったwwww

ええ、完全にやらかしました。今年一年間は暫定全一っぽいです。実に嘘くさいですね。




とまぁつらつらと感想を書いてきましたが、みなさん本当に応援ありがとうございました。

運営の方々も本当にお疲れ様でした。

個人的には最後の最後で関西勢が勝ててよかったと思ってます。

祝勝会もしてもらって、ホントにいい思い出になりました。

今後の課題はここからどうモチベを維持するかって話ですねw

まぁ頑張りますよ。何事にしても「やり込みは裏切らない」と信じて頑張るのが一番ですわ。

いい加減長文すぎたんでここらで切りますw


最後に勝ててよかった!

みなさん本当にどうもありがとうございました!!
リブロス大会PV作りました。

とはいえまだ全行程の80%くらいですので

リブロス勢が全国に向けて発信したいコメント・宣伝等お待ちしております。


※あと今度NEX分からしにいきます(野望)

          リブロス広報より
[広告] VPS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。